平成29年度 第2回北見市医療機関・在宅ケアマネジャー連携会議
 
平成29年度 第2回北見市医療機関・在宅ケアマネジャー連携会議にて当院の連携課題を報告しました。

平成30年3月22日に開催された標記会議にて当院医療ソーシャルワーカーの亀田純平氏が「入退院連携の現状と課題について」報告をしました。
特に循環器内科における慢性心不全患者さんは食事や水分制限など日常の生活管理が重要であり、退院時のみならず退院後の日常の生活支援を医療機関とケアマネジャーと協働して支援していくことが重要であることを述べました。

平成30年度は診療報酬と介護報酬が同時改定となったことから、今回は入退院時連携の地域ルールの協議に加え、平時(外来)での情報提供の内容や方法について、医療機関とケアマネジャーで協議し、今後も継続していくことが確認されました。